費用で比較

不用品回収110番

サイト名 不用品回収110番
URL http://www.fuyouhin-rits.jp/
TEL 0120-270-151
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

不用品回収なびの最大の魅力は、相談料、仲介料、通話料が全て無料で利用することができることです。引越しに伴う不用品回収や、部屋の片付けに伴う少量の不用品回収など、依頼者側のニーズに応じて不用品回収なびが選出した業者を最大3社まで紹介してもらうことができます。相見積りにて算出される金額は、出張料や運送費などの経費がすべて含まれた料金となっているので、追加料金(家電リサイクル法の対象物は別途料金が必要になります)はありません。電話口での不用品回収と、実際に不用品回収の量が異なる場合はもちろん料金が変動するのですが、そういった場合は不用品回収当日に正式な見積りが提示され、依頼者が料金に納得してから改めて契約が成立となるようです。第三者機関である不用品回収なびの存在があることで、業者と、不用品回収なび双方に料金や不用品回収に関する相談することができるのは初めて依頼する方にとっては依頼しやすい環境が整っているといえます。

甲府ご家族レスキュー隊

甲府ご家族レスキュー隊

サイト名 甲府ご家族レスキュー隊
URL http://www.kofu-gokatei.com/
TEL 0120-44-5558
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

甲府ご家族レスキュー隊の料金体系は非常に分かりやすいものです。 大量の不用品や粗大ゴミがあるお客様用の3つのコミコミプランと、比較的少量の不用品・粗大ゴミを処分したいお客様向けの単品料金があります。 3つのコミコミプランは軽トラック1台で対応してくれる「お気軽プラン」と1.5トントラック1台で対応する「1部屋プラン」、更に一軒家を丸ごと1つ対応してくれる2トントラック1台で対応する「1件丸ごとプラン」があります。 少量の粗大ゴミの処分の場合は1台3000円の車両費に、不用品別に設定された料金とオプション費をプラスしたものがお支払い金額になるので、非常に分かりやすいです。 オフィスなど法人の依頼にも対応してくれるようですが、こちらは細かい料金設定がホームページに掲載されていませんのでオフィスなどの移転の際には一度ご連絡してみることをお勧め致します。 比較的安価で対応してくれるのですが甲府ご家族レスキュー隊は対応エリアが甲府市内に限定されており、対応エリアが若干狭いのです。だからこそ、これだけの低価格で細かい設定が出来るのかもしれません。 甲府市内にお住まいの方は他社との相見積りの際にご検討されてみてはいかがでしょうか。

かたづけ団

かたづけ団

サイト名 かたづけ団
URL http://yane-amamori-doctor.com/
TEL 0120-994-119
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

かたづけ団の不用品回収料金は、トラックに積み放題の定額プランになっています。プランごとに「一人暮らしの家具・家電などにおすすめ」や「大型家電・家具がある場合はこちら」など、どれを選べばいいのかわかりやすく掲載してくれているので、自分がどのプランを選択すればいいのかすぐに判断することができます。お部屋の数によっては、プランを併用することで不用品回収の費用を抑えることができるようなのでお問い合わせ時にスタッフまでご相談ください。お引越しの場合にも言えることなのですが、トラックに「つみ放題」というのは見積りや依頼後に多少荷物が増えただけでは追加料金が発生することはありませんし、不用品回収業者への追加荷物の連絡をしなくても料金が変動することはないので安心です。かたづけ団では、不用品回収の他に買取も行っているので、買い取ってもらう物品が多いほど不用品回収の費用を安く抑えることができる可能性がありますので、もしも買い取ってもらえるような物品をお持ちでしたらスタッフに買取依頼をしましょう。

不用品回収センター

不用品回収センター

サイト名 不用品回収センター
URL http://www.s-recycle.com/
TEL 0120-134-003
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

不用品回収センターのホームページ上では、不用品回収に関わる料金は一切明記されていません。不用品回収センターが料金を提示していない理由は、正確に見積もり金額の提示をするためなので、電話やメールでの概算見積りも受付していません。そのため部屋の広さや、家具など物品ごとの不用品回収の目安料金の記載もないので、概算見積りを受け付けていたり、最低料金を提示している他社と比べると少々依頼しづらい感じがしてしまいます。正確な見積りを出してもらうには、直接事前調査にきてもらう必要があるのですが、見積りは無料なので急の依頼でなければ事前見積りを行ってみましょう。初めて不用品回収を依頼されるならば、事前に他社で見積りをとって、一般的な不用品回収の費用を把握しておかれることをお勧めします。不用品回収センターへの依頼後にキャンセルをする可能性がある場合は、エリアによってはキャンセル料が発生する可能性があるようなので、契約時に必ずご確認ください。

不用品回収のあれこれ

ページの先頭へ