不用品回収のあれこれ

  • TOP
  • 不用品回収のあれこれ テレビの処分とリサイクル

テレビの処分とリサイクル

テレビの処分とリサイクル

2001年の4月に施行された法律により、テレビはリサイクルが義務付けられ、エアコンや冷蔵庫、洗濯機と同様に勝手に捨てることができなくなりました。わたしたち消費者は不要になった廃棄物を適切に引き渡し、再活用のための料金と収集料金を支払う必要が出てきました。今でこそ一般的になってはいますが、以前は一体どのように処分されていたのでしょうか?一般家庭から出る家電製品は年間約60万トンにも及ぶと言われ、これまではそのほとんどが埋め立てによって処分されてきました。しかし埋立による処分には限界があり、また廃棄されたものの中には再利用できる有用な資源がたくさん含まれていたため、無駄な廃棄物を減らすための法律が誕生したのです。ではテレビのリサイクルは実際どのような流れで行われているのでしょうか?まずは、販売店に依頼します。次に販売店がその品を引き取りに来ます。ここでの運搬・収集費用はわたしたち消費者が支払う必要があります。次に販売店から製造メーカーにテレビのリサイクルを依頼します、ここでテレビのリサイクル料金が発生し、これもわたしたち消費者が支払う必要があります。ではなぜ消費者がテレビのリサイクルの料金を負担しなければならないのでしょう?テレビのリサイクルに当たっては家電小売店に収集・運搬の義務、製造メーカーに義務がそれぞれ課されています。その一方でわたしたち消費者にはそのための費用を負担する義務が課されています。このそれぞれの役割分担によって循環型社会が成り立っているのです。

不用品回収業者おすすめナビ一押し

おすすめ不用品回収110番

不用品回収110番

サイト名 不用品回収110番
URL http://www.fuyouhin-rits.jp/
TEL 0120-270-151
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

不用品回収のあれこれ

ページの先頭へ