不用品回収のあれこれ

  • TOP
  • 不用品回収のあれこれ プリンター廃棄

プリンター廃棄

プリンター廃棄

個人の事務所でレーザープリンターを廃棄する場合どうするべきなのだろうか。いくつかの不要品引き取りサービスなど調べてみると、レーザープリンターの廃棄や引き取りは法人でしか行っていないと記述されているが、個人の事務所も仕事をしている以上、「事業所」と区別されても問題ないはず。他に、パソコンとディスプレイはリサイクルの対象になっているが、プリンターは対象になっていない。個人向けのプリンターの廃棄は地域の不燃ゴミとしてだされる場合が多いだろう。おおよそ行政がレーザープリンターの廃棄について専門的な、分類されにくい種類の物と捉えているからだろうか。事業所から出るパソコンやプリンターの廃棄については、平成13年の4月1日「資源有効促進法」の施行により、法人(企業、リース会社、官公庁、自治体、学校、病院など)から廃棄される使用済パソコンのメーカーによるリサイクル制度が開始された。何十年も前に施行された法律だ。それぞれのパソコンメーカーがリサイクル課なる専門窓口をつくっている。製品の寿命なる物は、それぞれその流行のようにが電化製品にも漠然と存在する気がする。そういった電化製品の流行や、廃棄方法などを含めた情報も増え続けている。

不用品回収業者おすすめナビ一押し

おすすめ不用品回収110番

不用品回収110番

サイト名 不用品回収110番
URL http://www.fuyouhin-rits.jp/
TEL 0120-270-151
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

不用品回収のあれこれ

ページの先頭へ