不用品回収のあれこれ

  • TOP
  • 不用品回収のあれこれ ブラウン管処分

ブラウン管処分

ブラウン管処分

最近は薄型テレビが主流になっている。ブラウン管の中は真空状態になっている作りであり、昔のブラウン管製造業者の技術はたいした物だなと思う。薄型とブラウン管の違いは、画面の精細度以外に、その幅の寸法が大きく違う。買い替えのためブラウン管を処分したという方も多いのではないか。実際にブラウン管を処分にかかる費用はいくらだろうか。家電リサイクル法によって、リサイクルチケットが付属しないと家電の処分にはリサイクル料金が必要になる。16インチ以上のテレビの場合は3,000円くらい、自治体に引き取りを依頼する場合は引取料としてさらに1,000円くらいほど加算される。廃品回収会社が無料でブラウン管の処分、回収を行っているらしい。個人的な私情として、ブラウン管の処分は何か郷愁の念を感じる。あるケースでは、ブラウン管の処分に「中古家電輸出業者」という企業が引き取ってくれるらしい。日本で廃棄された家電製品を修理し海外で有効に使う、その担い手となる媒体企業と考えられる。一般的に日本で廃棄されたテレビは、少し直せば使用できる物が多いらしい。壊して固めて再生するだけがリサイクルではなく、循環の選択肢の多さがこれからの生態学の取り組みのように思える。

不用品回収業者おすすめナビ一押し

おすすめ不用品回収110番

不用品回収110番

サイト名 不用品回収110番
URL http://www.fuyouhin-rits.jp/
TEL 0120-270-151
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

不用品回収のあれこれ

ページの先頭へ