不用品回収のあれこれ

  • TOP
  • 不用品回収のあれこれ ゴミ料金

ゴミ料金

ゴミ料金

某市の粗大ゴミの料金をみてみよう。頻繁に粗大ゴミを出す機会は少ないが実際どのように設定、施行されているのだろうか。この市は大きさによって粗大ゴミの料金が違う。分類としては(電気・ガス・石油・厨房器具)(家具・寝具・建具)(趣味・スポーツ・レジャー用品)(その他)と数種類に分類されており、それぞれ仔細にゴミの料金が異なる。ゴミの料金の手数料は、200円・500円・1,000円・1,500円の4段階だ。この差を大きいとみるか小さいとみるか、人が作った法律なので何かしらの規則性は存在すると思う。粗大ゴミ収集シールの払い戻し・再発行はできなく、申し込みをする際に金額を確認の上で手数料を支払って下さいと注意書きがある。内容をもっと仔細に見てみると、物置やペット小屋やテーブルなど大きさでゴミの料金が違う。ベッドマットレスはスプリング付き・無しで値段が違うのに、ベットについてはなぜかシングル・ダブル・二段ベットと値段が同じだ。漬物用樽・発電機(携帯用の物)・タイプライターなど、あまりこのようなゴミは出さないな、というものも見てとれる。このような品々を見てみると、この某氏の課に市民から「この粗大ゴミはいくらになるか。」という質問を受ける姿がイメージできる。

不用品回収業者おすすめナビ一押し

おすすめ不用品回収110番

不用品回収110番

サイト名 不用品回収110番
URL http://www.fuyouhin-rits.jp/
TEL 0120-270-151
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

不用品回収のあれこれ

ページの先頭へ