不用品回収のあれこれ

  • TOP
  • 不用品回収のあれこれ 冷蔵庫廃棄処分

冷蔵庫廃棄処分

冷蔵庫廃棄処分

引っ越しのタイミングや新しいものを購入したタイミングで冷蔵庫を廃棄や処分する時に確認しておきたいのが、家電リサイクル法。 家電リサイクル法によって冷蔵庫は粗大ゴミとしての扱いではなくなってしまったため、市区町村を介して冷蔵庫を廃棄や処分することができなくなってしまいました。 冷蔵庫の廃棄や処分の方法は状況により異なります。あなたがどのタイプにあたるか確認して、前もって冷蔵庫の廃棄や処分の方法を検討しておきましょう。新しい冷蔵庫を購入して古い冷蔵庫を処分する場合は、購入する家電量販店で古い冷蔵庫を引き取ってもらえるかどうかを確認しましょう。もしくは、処分する冷蔵庫を購入した家電量販店に連絡しても問題ありません。 万一、購入した家電量販店が遠く引き取りが困難な場合は、市区町村の窓口に連絡をすると、廃棄物処理業者を紹介してもらえます。 処理業者が決定したら、料金を確認しましょう。 自宅前に冷蔵庫を出せず、自宅内に冷蔵庫を引き取りに来てもらう場合は別途料金がかかります。自宅前に出せるかどうか確認しておきましょう。 冷蔵庫の廃棄や処分は決して安くはありません。前もって引き取り業者と価格、引き取り日時を確認して慌てないようにしたいですね。 新しい冷蔵庫の搬入と同時に古い冷蔵庫を引き取ってくれる場合が大半です。また、引き取り価格も新しい冷蔵庫の精算時に渡しておくことが多く、当日にお金が必要になることはありません。 購入した家電量販店に連絡しましょう。引き取り日時や料金について電話できめ、処分当日に引き取りにきてもらえます。料金はその際に手渡しになりますので、準備しておきましょう。 万一、購入した家電量販店が遠く引き取りが困難な場合は、市区町村の窓口に連絡をすると、廃棄物処理業者を紹介してもらうことができます。 廃棄物処理業者とコンタクトがとれたら、引き取り日時、冷蔵庫の品番やサイズを伝え料金を確認しましょう。 自宅前に冷蔵庫を出せず、自宅内に冷蔵庫を引き取りに来てもらう場合は別途料金がかかります。自宅前に出せるかどうか確認しておきましょう。 冷蔵庫の処分は決して安くはありません。前もって引き取り業者と価格、引き取り日時を確認して慌てないようにしたいですね。

不用品回収業者おすすめナビ一押し

おすすめ不用品回収110番

不用品回収110番

サイト名 不用品回収110番
URL http://www.fuyouhin-rits.jp/
TEL 0120-270-151
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

不用品回収のあれこれ

ページの先頭へ