不用品回収のあれこれ

  • TOP
  • 不用品回収のあれこれ 家電廃棄

家電廃棄

家電廃棄

今まで、家電を廃棄する場合、自治体が粗大ごみとして回収し、そのほとんどが埋めたてられてきました。しかし、大型の家電の廃棄には埋め立て地に限界がありますし、大切な資源が埋め立てられてしまったら、有効に活用することもできません。そのため、平成13年に家電リサイクル法が施行されました。 この法律では、特定家庭機器として、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビの4品目が指定され、小売店は製造業者に引き渡し、製造業者は引き取り、リサイクルが義務づけられました。 その時に、家電の廃棄を依頼した消費者は小売店、製造業者からの求めに応じてお金を支払うことになります。 このように法律で決められた家電の廃棄を行わず、地域をトラックで回り、無料で家電の廃棄をしてくれる業者に渡してしまうケースがよくあるようで、環境省は注意を呼びかけています。 このような業者が回収する問題として、どのよう処理しているのかわからず、たいていは海外に輸出されるようですが、輸出する際に有害物質を含む品物をどのようにしているのか確認できないため、環境汚染を引き起こす可能性があります。 また、不用品回収業者には無料と言いながら、後で高額なお金を要求するようなトラブルも注意です

不用品回収業者おすすめナビ一押し

おすすめ不用品回収110番

不用品回収110番

サイト名 不用品回収110番
URL http://www.fuyouhin-rits.jp/
TEL 0120-270-151
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

不用品回収のあれこれ

ページの先頭へ